ネットショップ...テコ入れ時のここだけは押さえたい事前準備ポイント1 【ECホームドクターの処方箋】

ネットショップのテコ入れ時、

何を
どこから
どの優先順位で

改善していくかの判断をするために 過去からの流れや現状把握をする必要があります。

いざこうした判断をするのに

「データがない!」

ということになっていませんか?


そこで、無料で使えて超優秀なGoogle3兄弟のツール をご紹介します。

(初めてネットショップやwebサイトをオープンする場合にもこの3つのツールは役立ちますので、是非仕込んでおいてください!)


 
長男: Google Adwords キーワードプランナー
次男: Google Search Console(サーチコンソール)
末っ子: Google Analytics アナリティクス





 
【Google Adwords キーワードプランナー】
 
 
・自ショップで選定したキーワードがどのくらい検索されているのか
 
 
・他のライバル店など どのくらいキーワードが競合しているのか
 
 
などが分かります。
 
こうした現状を踏まえた上で
検索件数の多い人気キーワードを狙っていくのか
 
 
あるいは
 
競合性が高いキーワードは避けて
あえてニッチなワードを狙いにいくのか
 
 
など対策が立てやすくなります。有料広告を出さなくても^^;Adwordsは使えるようにしてくださいね。
この便利ツールは大変使えますヨ!
 
 
【Google Search Console(サーチコンソール)】

 
「Googleウェブマスターツール」でおなじみかも知れません。
今年、名前が変わりました。


ものすごくざっくり言ってしまうと、Goolge検索したときに自サイト・自ショップがどう見えているか、どう見せたいか などを(ある程度)把握できるツールです。

 
特に Googleインデックス > コンテンツ キーワード のメニューをチェックして見てください。
 
Googleが重要だと判断しているキーワードと ショップオーナーの皆様が「うちのショップのウリはこれだ!」というワードとズレがないか今一度ご確認を!

 
 【Google Analytics アナリティクス】

 
最強の末っ子。
無料でここまで使えるの?!というくらい
賢すぎです。^^;
 
・ページアクセス数
・どのサイトから流入しているか(参照元)

・どのページで離脱しているか


など基本的な指標だけでなく
 
ネットショップを運営されている方は「eコマーストラッキング」まで対応すると

 
・商品購入に至った件数や金額やプロセス

 
・逆に購入完了にいたっていない商品の動線

 
・どのサイト内キャンペーン(バナーなど)が購入完了に貢献しているか

これらの分析を元に
「次の一手」を考えていくことができるようになります。

今後設定方法等については、また記事にしていきたいと思います。